FC2ブログ
 台南でのデング熱流行、日々患者が増える中、知り合いもデング熱にかかりました。こうなるとものすごく脅威を身近に感じます。これも哀しき人の性。

 でも、現実的に、発生を抑えることと、蚊に刺されないようにするぐらいしか、現実的対策は無いのです。行政のせいだけにしても、こればかりはどうしようもないと思います。

 台南にいる蚊を絶滅させればリスクは抑えられます。ところが、日本と違って真冬でも蚊が飛んでいる台湾では、現実的ではありません。また、このところ雨も多く、外に容器を積んでおけば、そこが知らない間にボウフラの住処になっているかもしれません。そこで、台南市としては、とりあえず水がたまっている場所はきれいにすることをお願いしています。これがけっこう細かい指示ですが、おそらく事あるごとに指導を受けるであろう、幼稚園・小学校児童はきっちり頭に入っているようです。うちの4歳の娘も一度レクチャーを受けただけでもなんとなくわかっているぐらい。なんだか、大人への啓蒙より効果的ですね。行政が的確な指導をしているときには無視、それで被害が出ると行政を責める、こんな図式が多々あります。
スポンサーサイト



2015.09.08 Tue l 台南 l コメント (0) トラックバック (0) l top
1. 悠遊カード

今一番話題になっている日本人といえば、波多野結衣。なんとなくリン・チーリンに似ていることで、暗黒リンチーリンというあだ名がつくほど話題になっている人ですが、この人の写真を使ったチャリティ用の遊遊カード(台湾北部・中部で使えるPASMOやSUICAみたいなもの)が販売されるということになって、大騒ぎとなっていました。AV女優を使うなんてけしからん!という意見がたくさん出ています。ポルノDVDのジャケットの写真も使われていたので、それで火がついた模様。道徳めいた書き込みをFacebookで発表して、逆に叩かれてしまう人たちもちらほら。騒ぎに便乗して、ベトナムのリンチーリンも出てきて「あんなのよりも、私を使って!日本や韓国の人間に好きにさせないで!(あれ、自分はベトナムの・・・)」みたいなことを言っていましたが、おそらく採用されないかと思います。
2015.08.31 Mon l 台湾 l top
このブログをどれだけの方がご覧になっているかどうかわかりませんが、私は元気に生きてますのでご安心ください。

最近は、ブログよりもFacebookやその他の作業がメインになってきて、どうにも新規投稿が億劫になってます。ブログ向けのネタができ次第、思い出したように更新していこうと思っています。
2015.07.08 Wed l 私的ニュース l コメント (0) トラックバック (0) l top
連日なんだか忙しくて、パソコンに向き合うのも億劫になっている今日この頃。

それというのも、店の下の階に空き店舗がありまして、おそらく最初に開業した店が閉めてから誰も借りていないような感じですが、このたびようやく台南政府が店舗募集を開始してくれたので、申し込みました。

うさんくさい手続きのあと、利用できることになりましたが、いかんせん、狭すぎ!4畳無いんじゃ・・・。

あまり乗り気ではなかったのですが、まぁ、今の店の倉庫がわりに、私の工具なんかを引越ししておきました。奥さんはすっきりしているようですが、面倒が増えただけにも思います。作業スペースが根本的に足りないのに、店でもてあましているものが知らないうちに運び込まれていたりします。そういうのを見ると、やる気が失せるというか、邪魔なら捨てればいいのになぁと思います。ま、隙を見て、どんどん捨てますけどね。

それから、木工学校で知り合った先輩が自宅で工房を開くので、一緒に作業しない?とのお誘いも受けておりまして、そっちのほうが仕事がはかどりそうなら、完璧に用無しになりますね。ま、家賃は安いので、利用方法はおいおい考えていこうと思います。
2013.11.24 Sun l 私的ニュース l コメント (0) トラックバック (0) l top
本日は、木工学校の同級生の方と彼の工房に設置するテーブルソーをチェックしに台湾の中部のほうまで行きました。

今、狙っているのは安全といわれる、Sawstopというシリーズで、Youtubeなんかでも動画が公開されていますが、指が丸ノコの刃に触れると、回転にブレーキがかかり、さらにブレードが機械本体側に引っ込んでしまうというものです。その結果、ブレードにちょっと触れただけで、指は切り落とされないことになります。軽ければバンドエイドはって終了という話なんですけど、テーブルソーとしてどうなのか?というのが気になります。

同級生の方は、「値段うんぬんよりも安全性が第一だ!」という考えを持っていて、Sawstopは理想的なシステムだということになりました。実は、本体は台湾製のようで、台湾で作られているのなら、台湾でも買えるはず!ということで、同級生の方がいろいろと探し回った結果、台湾中部の木工教室を運営されている方が、代理店をやっているということで、工房見学ついでに、見に行くことにしたのでした。
2013.11.01 Fri l 私的ニュース l コメント (2) l top
木工学校も二期目に入りました。第一期目のときの同級生は・・・誰も残っていません。まぁ、しょうがないですね。お金もさることながら、モチベーションの問題もあると思います。職業訓練校なみのカリキュラムではあるようですが、基本的に自腹ですし、木工で収入を得よう!と思っているかどうかは別問題だし、寂しいですが、仕方ありません。

その代わり、先輩達は全員残っています。そして、その中に、変な日本人が紛れ込んでいるわけです。冷たくされることもありません。むしろ、残ってからが真のクラスメイトって感じです。話をする機会も増えましたし、一緒に作業することも多くなりました。基本クラスでは、一人でやる作業が中心で、それを先生が回ってチェックするというプロセスですが、基本クラスを終えた人たちは、自分で作りたいものを決めて、材料を手配して、材料が来たらひたすら完成に向けて作業するわけです。材料は自腹ですので、作業も以前よりも慎重になります。また、分業したり、共同作業したりと、クラスの人たちと触れ合う機会が増えます。中国語が、より大切になりますね。
2013.10.24 Thu l 台湾生活 l コメント (2) トラックバック (0) l top

あまり気にしている人もいないかもしれませんが、がんばって更新再開していこうと思います。最近、忙しい日が続いており、パソコンを触らない日があるくらいなのです。子育ても大変で、元気な子供に翻弄されつつも笑いの溢れる毎日です。

木工のほうも続いていて、このところ、細かいオーダーが舞い込んできていまして、頼りにされているんだなぁ・・・と実感することもしばしば。木工学校で知り合った方に、工房を一緒に開こう!なんてお声をかけていただいて、もうちょっと広い場所に引っ越せるかもしれません。

台湾の人たちのエネルギーに後押しされつつ、元気に生きております。

2013.10.19 Sat l 台湾生活 l コメント (2) トラックバック (0) l top
自動カンナはちょっと前に買ったんですけど、やはり、自動カンナだけではどうにもならない作業が出てきています。たとえば、基準面作りとか。手カンナでひぃひぃ言いながらやってますけど、量が増えると、それだけで1日が終わってしまいます。これじゃ、オーダー受けても製作が・・・

そこで買おう!と決断したのが手押しカンナ。自動カンナと同じくSteel Cityのものがよさげだったので、注文しようとしたら・・・

取り扱い店がゼロ?!

なぜ?!

仕方が無いので、他のメーカーのものを・・・と探してみると、Rexon製のものばかり。それ以外だと、業務用の500kgとかいう機械になってしまうようです。金額的にも、新品Rexonの小型のものと中古の大型ではさほど値段が変わらない・・・これは、どうしたらいいものかと悩んでいます。

でも、その予算があるなら小型の木工旋盤買っちゃえ・・・なんて悪魔のささやきも聞こえてきています。
2013.07.01 Mon l 台南木工生活 l コメント (2) トラックバック (0) l top
最近の統計で明らかになったのが、台湾の人が一番好きな国は日本だということでした。周りでも、円安になったとたん、これをチャンスとばかりに、日本に行く人が続出でしたっけ。円高のときは我慢しまくりだったそうです。ちなみに、このデータ、尖閣諸島をめぐる争いの最中に行われたものでした。

ソースはこちら

微妙にポイントが下がっているような気もしますけど、おおむね良好と見るべきでしょう。震災後の連帯感というか、台湾人の一方的なラブコールなのかもしれませんが、他人事には思えなかったんだよね!という話は未だに聞きます。日本人の私としては、本当に頭が上がりません。

「日本人だから・・・」という理由で嫌な思いをしたことはいまだかつてありません。逆に、気を遣ってもらってるというケースが多々です。本当に台湾の人たちは、というか、生活ベースが台南なので、台南の人たちといっておきますが、親日的な人が多いです。
2013.06.29 Sat l 台湾生活 l コメント (2) トラックバック (0) l top
通っている木工の学校が端午の節句休みなので、それを利用して台東に行ってきました。

今回訪れたのは、知本温泉と鹿野の二ヶ所がメイン。

知本温泉ですが、昔はそこそこ栄えていたという話でしたが、今は・・・

でも、ゆっくり泊まるには良い場所だと思いました。そこそこのホテル並みの値段を払って民宿(台湾では、民宿といっても高いのです。日本語でいうところのペンションだと思ったほうがよさそうです。料理は・・・この部分だけ真似されてません)に泊まることになりましたが、オーナーのご好意で、オーナーの自室のお風呂をいただきました。露天風呂で、星が本当にきれいでした。

鹿野は、気球で有名なはずだったのですが、当日はあいにく雨が降り始めて、気球は即時中止。最近、海外でも事故が増えているので仕方の無い配慮かもしれませんが、遠くから来た人たちはショックでしょうね。私たち家族の場合、娘が2歳半ということで、まぁ、さほど気になりませんでした。

泊まっていたのは龍田という場所。その昔、日本人が必死に開拓した場所で、碁盤の目のようになった道がトレードマークとなっています。必死に開拓したのに、アメリカの代理統治者である中華民国に全てを奪われた人たちの気持ちを思うと複雑でした。
2013.06.19 Wed l 台湾生活 l コメント (4) トラックバック (0) l top